馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

05

13:01
Fri
2013

No.0321

スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド

今日はディ・モールト ベネさんから発売中の

「プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド」の紹介に

なります。


正直、プロシュートがこういった形で立体化されるとは

思ってもいませんでした。

5部の中では特にカッコいい敵として登場します。


ジョジョの奇妙な冒険の敵キャラの特徴として、

下種な奴は非常に多いのですが、

北斗の拳の様に死に際までカッコいい奴はそんなにいません。


そこが荒木先生の持ち味だと思うんですが、

下種な奴が多いだけに今回のプロシュートや、

二部のワムウみたいに信念を持って戦っている敵キャラクターは、

より輝いて見えるんですよね。

» Read more!

スポンサーサイト
06

11

12:00
Tue
2013

No.0319

ディ・モールト ベネ スタチューレジェンド 吉良吉影

今日はディ・モールト ベネさんから届いた

「スタチューレジェンド 吉良吉影」の紹介になります。


最近公開されたジョジョの奇妙な冒険オールスターバトルのPVでは

落ち着きがあり、一際渋い声で自分の中でランク急上昇中の

吉良吉影がスタチューレジェンドシリーズでも発売になりました。


超像可動シリーズでは1st/2ndが発売済みですが、

意外にもどちらの色とも被らない新規カラーでした。


とは言ってもこの色自体は単行本38巻の表紙の色を

参考にしているッぽいので、とても馴染みの深い色ですね♪





因みにPVはコレ↓です。
こいつはくせえーッ!名作のにおいがプンプンするぜッーーーッ!

» Read more!

05

08

12:12
Wed
2013

No.0313

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 スパイスガール

今日はメディコスさんから発売された

超像可動「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 スパイスガール」の

紹介になります。


スパイスガールと言えば、5部のラスボスであるディアボロの娘、

「トリッシュ」の使うスタンドです。

スタンドとは言え、超像可動シリーズ『初』の女性タイプになりますね。


» Read more!

05

07

12:01
Tue
2013

No.0312

ディ・モールト ベネ スタチューレジェンド クレイジーダイヤモンド

今日はディ・モールト ベネさんから発売された

スタチューレジェンドシリーズ「クレイジーダイヤモンド」の

紹介になります。


前回のジョジョリオン「東方定助」から「ジョウスケ」繋がり?

かどうかは分かりませんが、第四部主人公「東方仗助」の出すスタンド、

「クレイジーダイヤモンド」が発売になりました。


カラーは超像可動のファーストカラーと同じピンクと水色が鮮やかな

定番カラーですね♪

因みに原作者である荒木飛呂彦先生もこの色の組み合わせは

大変気に入っているようで、困ったときはこの色合わせみたいです。


三部で承太郎とDIOと言う超スター対決を描いた後の主人公にあたる

仗助のスタンドなんで、この色合いを持ってきたのかもしれませんね。


» Read more!

04

12

12:17
Fri
2013

No.0308

ジョジョの奇妙な冒険 超像可動 シルバーチャリオッツ・セカンド

今日は超像可動シリーズの「シルバーチャリオッツ・セカンド」の

紹介になります。


超像可動5部のポルナレフ&チャリオッツから続き、

スタチューレジェンドシリーズのポルナレフ&チャリオッツ、

そして今回の超像可動3部チャリオッツのセカンドカラー。

なんか合間合間にポルナレフとチャリオッツが販売されている気がします。


最近スタチューレジェンドのポルナレフセカンドカラーも

予約開始しました。

順当にいけばスタチューレジェンドのチャリオッツセカンドカラーと

超像可動ポルナレフのセカンドカラーも出るかも知れません。



きっとメディコスさんにファンも引くほどのポルナレフ好きが

いるに違いない、、、きっとそうなんだ。    うん。


出来れば花京院や億泰にもリソースを分けてあげて下さい。




» Read more!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。