馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

20

17:32
Tue
2011

No.0144

Triad Toys デッド・セル ゾンビ・サバイバル 1/6 ウェポンセット vol.2

今日はTriad Toysから出ている

「デッド・セル ゾンビ・サバイバル 1/6 ウェポンセット vol.2」

の紹介になります。


今回紹介するVol.2はマチェーテ、フライパン、つるはしの三種がセットに

なっているのですが、Triad Toysがオリジナルで商品を展開している

「デッド・セル」と言うシリーズの世界感に合うように造られた武器セットだそうです。

※因みに「デッド・セル」とはゾンビ・吸血鬼が蔓延する様な雰囲気みたいです。


それでは早速、


■箱
2011092010594201.jpg


■マチェーテ
 ジャング・デ・プリューム用にコレが欲しくて購入しました。
2011092010594202.jpg


■フライパン
 こちらはボイラー・ゾンブに、なかなか合いますね。
2011092010594203.jpg


■つるはし リペイント前
 こちらTriad Toysの商品紹介画像になります。
 なぜ撮ったものではないかというと、このつるはし
 若干面白みにかけたので、3A風リペイント加工の実験台にしてみました。
2011092010594204.jpg


■つるはし リペイント後
 こんな感じに仕上がりました。
2011092010594205.jpg


■つるはし
 ファントム・デ・プリュームに合いそうだったので
 この色合いにしました。
 筆塗りでウェザリング自体も初めてやってみてかなり適当なのですが、
 個人的には結構満足しています。
2011092010594206.jpg


■つるはし
2011092010594207.jpg


■並んで
2011092010594208.jpg


以上、「デッド・セル ゾンビ・サバイバル 1/6 ウェポンセット vol.2」

の紹介でした。


商品としては結構面白いのですが、実はこれと同時に出ていた

Vol.1のセット(野球バット、バンジョー、斧)の方もかなり面白みがあります。


リペイントに関して簡単に書くと


1.ルーターを使用してダメージ加工する。
 全体的に欠けさせたり、凹凸が目立つように適当に。


2.全体的に荒くヤスリがけをして、ゴミなど落とすために洗う。


3.Mr.COLOR「61」焼鉄色(アクリル塗料)を全体に塗る。


4.タミヤのエナメル塗料「XF-55」デッキタンを全体的に適当に塗る。
 ※ムラや塗り残しもあまり気にしない。


5.タミヤのアクリル塗料「X-26」クリアーオレンジを綿棒で適当に塗る。
 ※錆びたところからでるオレンジ色の錆っぽい感じで。


6.タミヤのエナメル塗料「XF-10」フラットブラウンを不織布に浸して
 ポンポンと軽く叩くようにまぶしていく。

 
7.クリアを吹く。


以上です。

たまにこういったリペイントっぽいことをやるのですが、

毎回自分のやり方が正解なのかよく分かりません。

気になった方がいましたら、参考程度にして下さい。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。