馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

13

12:44
Fri
2011

No.0110

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 空条承太郎 レビュー

今日は「超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 空条承太郎」の

紹介になります。


先日の「スタチューレジェンド ザ・フール」に引き続き発売から

結構経っていますので、サラッと紹介したいと思います。


4部の承太郎といえば「海洋冒険家」、冒険家と言っても学者のような

位置付けみたいですが、彼の人生はほぼ冒険といっても過言ではありませんね。


それでは早速、


■箱
2011051215360701.jpg


■正面
2011051215360702.jpg


■右側
2011051215360704.jpg


■左側
2011051215360703.jpg


■後姿
2011051215360705.jpg


■正面 通常顔+帽子B アップ
2011051215360706.jpg


■右側 通常顔+帽子B アップ
 帽子A/Bは柄が違うのと、唾の深さと角度が異なります。
 こちら帽子Bになるのですがつばは浅めで角度は外に向かっているので
 顔が良く見えます。
2011051215360708.jpg


■左側 通常顔+帽子B アップ
2011051215360707.jpg


■正面 睨み顔+帽子A アップ
 顔は歯を食いしばったような表情です。
 帽子Aはつばが深めで、角度は中心よりなので、右側の顔が
 隠れるようになります。
2011051215360709.jpg


■右側 睨み顔+帽子A アップ
2011051215360711.jpg


■左側 睨み顔+帽子A アップ
2011051215360710.jpg


■リュック
 妙にクオリティが高いです。
2011051215360715.jpg


■3部承太郎と比較
 3部の承太郎に比べ、気持ち大きく感じます。
 可動部分の構造は4部に入ってから統一感もあり、比較的動かし易いので
 3部承太郎が妙に動かし辛く感じるのですが、
 ジョジョっぽいポージングは何故か3部承太郎の方が決まり易いです。
 4部承太郎は顔つきもかっこよくて体型もバランスが良いのですが、
 個人的には3部承太郎の方が好きですね。
2011051215360712.jpg


■適当に1
2011051215360716.jpg


■適当に2
 4部承太郎だと指差しは似合わないですね。
2011051215360714.jpg


以上、「超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 空条承太郎」の

紹介でした。


造形自体は相変わらずの安定感です。

塗装も綺麗で、特に目立った不良なども無いようです。

若干気になる点があるとすれば、コートポケットに手を入れたようにする状態が

ずれ易く、保持し辛いところくらいでしょうか。


次は4部版のスタープラチナが続き、更に翌月は岸辺露伴+ヘブンズ・ドアー

となっております。

岸部露伴+ヘブンズ・ドアー以降は2部と5部が交互?に出そうな感じなのですが

川尻浩作はどうなったのでしょうか。

出来ればキラークイーンサードカラー(青版)なんかと一緒に出してもらえないでしょうか。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。