馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

13

12:10
Mon
2011

No.0116

超像可動 スタープラチナ 四部ver. レビュー

本日は「超像可動 スタープラチナ 四部ver.」の紹介になります。

スタープラチナといえば既に同じ超像可動シリーズで三部ver.が二体発売されておりますが

今回は四部ver.ということで、三部ver.の仕様を一新した

全く新しいスタープラチナになります。


前回紹介した四部ver.の空条承太郎もかなりの技術の向上が見られましたが

今回のスタープラチナは圧倒的に可動域などが向上しております。

それではレビューへ移りたいと思います。


■箱
2011061310342100.jpg


■正面
非常に綺麗な色合いです。
三部ver.のスタープラチナと比べるとよりヒーローっぽい印象が
強くなっております。
2011061310342101.jpg


■右側
2011061310342102.jpg


■左側
2011061310342103.jpg


■後姿
2011061310342104.jpg


■通常顔 正面
目の形状が三部とは全然違います。
非常に四部らしい造りで文句なし、といいたいのですが
四部のスタープラチナといえば黒目の部分が焦点が合っていないような
グルグルした目だったので、もしあの感じであれば最高でした。
20110613103421001.jpg


■通常顔 右側
20110613103421002.jpg


■通常顔 左側
20110613103421003.jpg


■叫び顔 正面
20110613103421004.jpg


■叫び顔 右側
20110613103421005.jpg


■叫び顔 左側
20110613103421006.jpg


■付属品
交換用の手等を除くと唯一の付属品がこの木片になります。
対シアーハートアタック時に摩擦で火を起こす際に使用した物かと思います。
これだけあってもな~というのが正直な感想ですね。
せめて炎のエフェクトでも付いていれば、、、
2011061310342107.jpg


■以下適当に
2011061310342114.jpg

アゴの部分も引きやすく、ちょうどマフラーで口元が隠れる位まで
引くことが出来ます。
2011061310342116.jpg

これは厳しいだろ~ってポーズも決まります。
2011061310342115.jpg


2011061310342105.jpg


2011061310342108.jpg

このポーズに関してもまさか再現できるとは思いませんでした。
2011061310342109.jpg

肩部分に前後スライドできる可動構造が追加されており、腕のクロスも
スムーズに行えます。
2011061310342113.jpg


2011061310342111.jpg

何故か指差しようの手が左右あります。
ありがたいような無駄なような。
2011061310342112.jpg


2011061310342110.jpg


2011061310342117.jpg



以上「超像可動 スタープラチナ 四部ver.」の紹介でした。


可動面に関しては間違いなく超像可動史上最高の出来だと思います。

色合いに関しては、サンプル画像の時点ではちょっと奇抜過ぎるんじゃあないかとも

思ったのですが、手にとって見るととても良い色合いで、

今まで出たスタープラチナの中で一番のお気に入りになりました。


勿論塗装精度に関してもいつも通りのクオリティの高さです。


唯一の不満点を上げるとすれば、上でも書いた黒目の部分でしょうか。

同じ四部のクレイジーダイヤモンドの目は原作通りのあの焦点の合っていないような

目だったので、スタープラチナもあの目が良かったですね。


それと不満というわけでは無いのですが、付属品になぜ木片を選んだのかが

不思議でなりませんでした。

スタープラチナといえばシアーハートアタック戦が印象が強いのは間違いないのですが

折角ならダメージver.のシアーハートアタックが付いたりしたら最高でした。


相変わらずの安心な出来の超像可動ですが次はとうとう「岸辺露伴&ヘブンズドア」

になります。

その次が第二部のジョセフ・ジョースターなので、一応四部最後のキャラクターに

なると思います。

まだまだ出して欲しいキャラクターも居るのですが、それは今後の展開に期待して

待ちたいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。