馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

27

17:08
Mon
2011

No.0121

青島文化教材社 ジャイロ・ツェペリ ガンキング限定版 レビュー

今日は青島文化教材社から発売された

「スティールボールラン ジャイロ・ツェペリ ガンキング限定版 荒木カラーバージョン」

の紹介になります。


こちらの品物大分前から開発中の試作品がトイイベント等で公開されており、

一時期は開発中止になったかと思われるくらい追加情報が無かったのですが、

何とか発売にこぎ着けてくれたみたいです。


今回紹介の「ガンキング限定版」は限定カラー(ブルー系)で、

もう一色通常カラーバージョン(グレー系)も存在します。


それでは早速商品の紹介に入ります。


■箱
箱自体はなかなかの大きさです。
箱自体の色合いはRAHのジャイロとかなり似ていますね。
20110627151212017.jpg


■正面から一周
20110627151212016.jpg

20110627151212015.jpg

20110627151212014.jpg

20110627151212013.jpg

20110627151212012.jpg

20110627151212011.jpg


■正面 アップ
顔つきはちょっと違和感ありますね。
歯は少ししか見えませんが一応金で塗られています。
20110627151212010.jpg


■右側 アップ
20110627151212009.jpg


■左側 アップ
やはり目が宜しくないように思えます。
鼻筋もちょっと原作とは遠いですね。
20110627151212008.jpg


■背景部分
コミックからそのまま抜け出してきたような表現です。
20110627151212007.jpg


■ヴァルキリー アップ
非常に迫力があります。
造形もこっちがメインなんじゃないかって位よく出来ております。
20110627151212006.jpg


■上から
絶妙なバランスです。
なびいたマントの感じと手綱のテンション、ジャイロとヴァルキリーが
互いに引っ張りあいバランスをとっていることが分かり、まさに人馬一体と言う感じです。
20110627151212005.jpg


■下から
下から見るとコミックの一コマから飛び出してくる感じが非常に迫力があります。
20110627151212004.jpg


■サイズ比較
超像可動シリーズと並べると大体同じくらいのスケールです。
超像可動で7部が出るのが楽しみですね。
20110627151212001.jpg


■適当に
これ位の角度でジャイロの目線を帽子で隠すとすごくカッコいいです。
ただし気になるのが鉄球で、どうもゴムボールのように見えて仕方が無いです。
色合いをもう少し鉄っぽく出来なかったのかな。
20110627151212003.jpg


擬音の表現は最高にカッコいいです。
20110627151212002.jpg



以上「スティールボールラン ジャイロ・ツェペリ ガンキング限定版 荒木カラーバージョン」

の紹介でした。


全体的な仕上がりは、擬音や背景に工夫が見られて非常に迫力ある構図です。


塗装自体は綺麗なのですが、肝心の目のプリントがバンプレストのDXシリーズと大差無く、

価格に関してもこれくらいのスケールフィギュアにしては割高な設定です。



もし目のプリントが完璧ならそれこそ鳥肌ものの仕上がりになったと思うので、

その点が残念でなりません。

発売日も延期されたのでもう少し煮詰めて欲しかったと言うのが正直な感想です。


ただし全体的なバランスは本当にかっこよく、このように凝った固定フィギュアは

アクションフィギュアとはまた別の良さがあるので、シリーズ化してくれたら嬉しいですね。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。