馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

05

12:00
Tue
2011

No.0125

ジョジョの奇妙な冒険 スタチューレジェンド ヴァニラ・アイス&影DIO レビュー

今日はディ モールト・ベネのスタチューレジェンドシリーズから

「ヴァニラ・アイス」と「影DIO」の紹介になります。


こちらの商品発売から大分経っているので(特にヴァニラ・アイス)、

まとめて紹介したいと思います。


メディコスさんの超像可動シリーズで発売されなかったキャラクターを

補完するようなラインナップですが、今回紹介の「ヴァニラ・アイス」は

以前メディコスさんの公式サイトにあった「リクエスト板」でも度々要望のあった

人気キャラクターになります。


それでは早速


■箱
ザ・フールもそうでしたが、箱全体にヴィトン風のモノグラム柄が、
ちょっと古いセンスなのであまり好きにはなれません。
2011070417145316.jpg


■ヴァニラ・アイス 正面
これは破壊力あります。
勿論見たまんまのヴァニラなのですが、知らない人が見たら引きそうな程の
自己主張です。
塗装の感じは超像可動と同じような感じです。
2011070417145315.jpg


■ヴァニラ・アイス 右側
2011070417145314.jpg


■ヴァニラ・アイス 左側
2011070417145313.jpg


■ヴァニラ・アイス 後姿
漫画だとそんなに気にならなかったのですが、
こうして立体化すると性格通りの変態的な見た目ですね。
2011070417145312.jpg


■ヴァニラ・アイス 正面 アップ
ちょっとアイプリントの高さが左右でずれています。
20110704171453001.jpg


■ヴァニラ・アイス 右側 アップ
20110704171453002.jpg


■ヴァニラ・アイス 左側 アップ
20110704171453003.jpg


■ヴァニラ・アイス 下から
この角度は破壊力倍増です。
2011070417145311.jpg


■ヴァニラ・アイス 上から
レオタードに袖なしの変形ライダースを羽織ったような衣装、
セクシー過ぎて見ているこっちが恥ずかしくなってきます。
2011070417145310.jpg


■影DIO 正面
一方こちらは妖しげな色気満載なDIOです。
2011070417145308.jpg


■影DIO 右側
2011070417145305.jpg


■影DIO 左側
この角度が、まさに影DIOと言った感じです。
肩部分の分割線がどうしても目立ちますが、隙の無い立ち姿は
非常にカッコいいです。
2011070417145306.jpg


■影DIO 後姿
2011070417145307.jpg


■影DIO 正面 アップ
3部後半のDIOに比べるとちょっと若い顔立ちな気もしますが
妖しい魅力全開な感じで、非常にいい表情です。
20110704171453004.jpg


■影DIO 右側 アップ
20110704171453005.jpg


■影DIO 左側 アップ
20110704171453006.jpg


■影DIO 下から
2011070417145303.jpg


■影DIO 上から
2011070417145304.jpg


■ヴァニラ・アイスと影DIO
原作知らない人が見たら変に勘違いされても仕方が無い並びです。
ただしこの極端さが「ディ モールト・ベネ」ですね。
2011070417145309.jpg


■影DIOとザ・ワールド1
2011070417145302.jpg


■影DIOとザ・ワールド2
2011070417145301.jpg


以上、スタチューレジェンドシリーズから 「ヴァニラ・アイス」と「影DIO」の

紹介でした。


両商品ともアクションフィギュアとは違い、関節可動の無いスタチューならではの

良さがありますね。


ヴァニラ・アイスは二発目の商品にしては勝負しすぎな気もしますが、

すごく嬉しい発売でした。

実際の商品も変にかっこよく纏めるのではなく、直球としか思えない

ポージングは非常に好感が持てます。


塗装に関してはアイプリントのズレが気になった以外は、超像可動と同じ

くらいのクオリティでした。


影DIOに関しては肩の分割線がどうしても気になってしまいますが、

その点以外はとても魅力的に仕上がっており、超像可動のDIOに勝るとも劣らない

出来だと思います。


因みに超像可動のザ・ワールドと並べて見たところ、可動シリーズよりサイズが

一回り大きいのですが、並べる分にはそれほど気になりませんでした。


むしろどうしても気になってしまうのが台座の部分で、

一見どこにでもありそうな黒い台座なのですが、

プライズ品やトレーディングフィギュアによく見られる素材の為、

折角の商品が安っぽく見えてしまい残念でなりません。


やはり色はクリアで、アクリル系の台座がこういったスタチューフィギュア

には似合うと思います。


ヴァニラに関してはスタンドの「クリーム」も出る予定ですが、

この黒い台座を並べると考えると本体の魅力が半減するような気がしてなりません。


まだ始まって三弾目なので、今からでも何とか変更してもらえないかな。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。