馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

16

12:10
Wed
2011

No.0159

スタチューレジェント トニオ・トラサルディー&パール・ジャム

今日はディ・モールト ベネさんから出ている

スタチューレジェント「トニオ・トラサルディー&パールジャム」の紹介になります。



まさかトニオさんがこんな形で立体化されるとは夢にも思っていませんでした。


個人的にトニオ・トラサルディーが描かれたエピソードは、四部の中でも特に

印象が強く、そのスタンド能力の凄さに誰もが体験してみたいと思った筈です。


作中ではどこかつかみ所の無い人物でしたが、

上遠野浩平著「恥知らずのパープルヘイズ」ではトニオ自身の過去が

明かされたりもしました。



それでは早速



■箱
2011111515175901.jpg


■正面
 原作の雰囲気を非常に良く捉えていると思います。
2011111515175902.jpg


■右側
2011111515175903.jpg


■左側
2011111515175904.jpg


■後姿
2011111515175905.jpg


■帽子とエプロンは取り外せます。
 帽子は普通に抜けます。
 エプロンも左手を外して首から外すことが出来ます。
2011111515175906.jpg


■正面アップ
 この画像だと分かりやすいのですが、ボタンの塗装ががあまり
 綺麗ではありません。

 
 顔は本当に良く出来ていると思います。
 どうせなら超像可動のようにキレた時の差替え顔や、
 レンガのような石鹸を振り上げた腕も付属していたら最高だったな。
2011111515175908.jpg


帽子無し
 頭頂部に帽子を固定するための穴が開いています。
2011111515175909.jpg


■右側アップ
2011111515175910.jpg


■左側アップ
2011111515175911.jpg


■パール・ジャム
 小さいながら塗装精度も高く、非常に良く出来ています。
2011111515175907.jpg


■上から
2011111515175912.jpg


■下から
2011111515175914.jpg


■レストランでの一コマ
 億安の顔と台詞プレートはこの時の為に用意されていたような物ですね。
2011111515175913.jpg



以上、スタチューレジェント「トニオ・トラサルディー&パールジャム」の紹介でした。


塗装に関しては上着のボタンが残念な感じでしたが、その点以外はズレ等も無く

綺麗な仕上がりだと思います。


造形に関しても原作の雰囲気をよく捉えていて、よく出来ていると思います。


ただ毎回思ってしまうのですが、付属の黒台座がどうしても微妙に思えます。


可動フィギュアの台座はあくまで動きのあるポーズを補助するためにあると

思っているので多少不恰好でも気にならないのですが、

固定フィギュアに関しては、どうしても本体の一部として見てしまうので、

もう少し目立たない物か凝った物であって欲しいですね。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
11

17

edit
ジョニー [No.28 - 08:30 2011]
トニオさん、いーですね。恥知らずでは、感動してしまいました。ボタンはちょっと残念ですが、応急処置できますかね。造形はかっこいいです。台座ホント並べると違和感ありますね。
11

17

edit
basyabasya [No.29 - 12:03 2011]
恥知らずはホンといい話でしたね。
5部のもやもやしてたところを払拭してくれた上にトニオさんの
事まで絡ませてくるところなんて
この著者よく分かってるなって感じでした。

ボタンの塗装は簡単なリタッチで修正できると思うので
あまり気にはなりませんでした。

台座に関しては透明なアクリルなんかでもいいと思うんですが
難しいんでしょうかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。