馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

18

17:52
Wed
2012

No.0237

リボルテックタケヤ ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻 鬼太郎

今日は海洋堂リボルテックシリーズから、日本を代表する造形作家

竹谷隆之氏総指揮により作り出されたシリーズ「リボルテックタケヤ」の

第6弾「ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻 鬼太郎」の紹介になります。

※制作総指揮は竹谷隆之さん、山口隆さんのお二方で原型氏は
 福元徳宝さんという方です。


このシリーズのNo.1~5は仏像の4天王+阿修羅がラインナップされており、

マニアックなモチーフながら、その造形/塗装レベルの高さから、開始当初より

絶大なる支持を受けているシリーズです(我ながらなんか凄く宣伝くさいな)。


前回までの仏像シリーズはそこまで惹かれるモチーフではなかったので、

購入は控えていたのですが、今回から始まった

「ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻」は、原作のイメージを忠実に再現しており、

何より子供の頃より慣れ親しんだ鬼太郎だったので、我慢出来ずに

手を出してしまいました。


2012071709250202.jpg


■箱
2012071709250206.jpg


■全体
 本体の他にジオラマとして使用できる台座が付属します。
 これがまたクオリティがやたら高いんです。
 因みにお墓には「水木家之」の文字が刻まれています。
2012071709250207.jpg

2012071709250208.jpg

2012071709250209.jpg

2012071709250210.jpg


■頭髪
 鬼太郎の頭髪のアホ毛は抜けるようになっていて、
 そこに付属の「目玉の親父」を付けることが出来ます。


 さらに、頭髪自体がかつらのようになっており、
 毛ばりを使い切った鬼太郎も再現できます。
2012071709250211.jpg

2012071709250212.jpg

2012071709250213.jpg


■ちゃんちゃんこ
 肩を外してちゃんちゃんこを脱がすことも出来ます。
 ちゃんちゃんこを脱がすと偽鬼太郎っぽくなりますね。
2012071709250215.jpg


■顔パーツ差し替えギミック
 今回の鬼太郎で一番驚いたのがこのギミックです。
 箱を見てもらえば分かるように顔が三種類付いています。
 顔の前半分を付け替えて表情を変えることが出来るので、
 「三種類の表情に差し替え出来るんだ、いいねー」
 と思っていたのですが、
 実はそれぞれの表情についている右目も差し替えが出来るので、
 計9種類の表情を表現できます。
 この造りは「さすがはリボルテックシリーズだなーすげー」と凄く感心しました。

基本三種
 通常顔
2012071709250216.jpg
 怒り顔
2012071709250223.jpg
 ふぬけ顔
2012071709250221.jpg

バリエーション6種
 よく分からない表情もありますが、怒り顔に閉じた目を
 付けた表情が、やたら不満の溜まった様な顔で気に入りました。


 ちょっとにらまれてますね
2012071709250217.jpg
 寝てるんですか?
2012071709250218.jpg
 正面から怒られてるみたい
2012071709250222.jpg
 とても不満そうですね
2012071709250224.jpg
 人のことなめてるんですか?
2012071709250219.jpg
 もう完全になめてますよね。
2012071709250220.jpg


■サイズ比較
 手元にあって一番サイズが近い物は、超像可動の広瀬康一でした。
 サイズだけ見ると小さいですが、クオリティの高さが良く分かります。
2012071709250214.jpg

■以下適当に
2012071709250201.jpg

2012071709250203.jpg

2012071709250204.jpg

2012071709250205.jpg



以上、「ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻 鬼太郎」の紹介でした。


普段超像可動を紹介していて、このサイズの可動フィギュアの中では

超像可動を越す物はなかなか出ないんじゃないかなー、と密かに

思っていたのですが、この鬼太郎はその予想を簡単に砕いてしまいました。


この鬼太郎、定価は3600円とお手ごろ価格ながら、塗装レベルが高い上

プレイバリューが物凄く高くて、表情パーツのアイデアなど

「さすが」としか言い様が無い程の工夫もあったりと、凄い商品なんです。


監修を務めている竹谷隆之さんは「百鬼夜行 妖怪コレクション」と言う

シリーズも手がけており、妖怪物に関しては間違いない人物と思われます。


因みに自分はリボルテックシリーズでは初期のエヴァンゲリヲンを

買ったことはあったのですが、イメージとしては安くて遊べるけど、

なんとなく塗装が物足りなかったり、扱うモチーフが合わなかったりで

殆ど手を出しませんでした。


ただし、今回の鬼太郎のように好きなキャラクターを出されてしまったら、

正直はまってしまうかも知れません。


妖怪物と言えば出来れば「うしおととら」なんかも手がけて欲しいな~、

なんて妄想しています。

スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
07

18

edit
shingo [No.406 - 12:33 2012]
これはッッッ!
欲しいけど、これ以上ジャンルを増やしちゃ駄目だ!と言い聞かせて我慢していたモノッ!

やっぱりいいですねー。
この鬼太郎。
目玉の親父、ねずみおとことラインナップが追加され・・・欲しい熱が高まってしょうがない!
手に入るうちに買っておこうかな・・・と思っていた矢先のレビューでした。
ありがとうございます★

決心がつきましたw
お金には困るけど、是非このまま来ナップが増えていって欲しいシリーズです!
07

18

edit
basyabasya [No.407 - 13:01 2012]
shingoさん


こんにちは♪


鬼太郎良い出来ですよ!
参考になったようでよかったです。


目玉の親父は何故か1/1サイズですが、ねずみ男は見るからに
良さそうですよね。
妖怪も良いですが、個人的にはいつものサラリーマンが欲しいですね。


今後のラインナップがかなり気になるシリーズです♪
07

20

edit
Rovin [No.414 - 13:12 2012]
良く出来てますね♪
しかも、アニメ版じゃなくて原作版なのが良いですね~♪
表情のバラエティーも沢山で遊んでて楽しそうです!
好きな物が商品化されると手が出てしまいますよね(笑
07

20

edit
basyabasya [No.415 - 15:27 2012]
Rovinさん


こんにちは♪


自分はゲゲゲの鬼太郎といえばオカリナ振り回していた
正義の鬼太郎世代なんですが、原作のちょっとダークな鬼太郎って
妙に魅力があるんですよね♪


特にこの商品は塗装も造形も良く出来ていて
きっと好きな人が担当しているんだろうな、って言うのが
伝わってくるんでかなり気に入りました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。