馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

15

12:12
Mon
2013

No.0309

ベルセルク 37巻 figmaガッツ狂戦士の甲冑ver.付き限定版

今日はジェッツ・コミックスさんから出版された

「ベルセルク 37巻 figmaガッツ狂戦士の甲冑ver.付き限定版」

に付属している「figmaガッツ狂戦士の甲冑ver.」の紹介です。


「ベルセルク」と言えば雑誌「ヤングアニマル」で三浦健太郎先生が

不定期で連載しているダーク・ファンタジーコミックですね。


ベルセルクのフィギュアと言えば「ART OF WAR」と言うハイエンドな

スタチューが有名なんですが、気にはなっていてもちょっと手が出せない

価格設定だったので、今回のfigma発売は非常にテンション上がりました。


因みにfigmaではガッツ黒い剣士ver.とグリフィス黄金時代ver.が発売済みです。

自分はジョジョ物とthreeAで手一杯だったのでスルーしていたんですが、

狂戦士版には兜を脱いだ状態や、鋼鉄製の義手大砲が付属しないと知り、

黒い剣士版(一応互換可能)だけは合わせて購入しました。





■箱
 内容物は本がメインでfigmaとポストカード2枚がオマケ扱いですが、
 誰が見てもfigmaのオマケに本が付いてる感じです。





 内容物
 下の白と同化してよく分からなくなっている物は
 光体シールケです。



■全身
 頭部は「闇の獣」用と「正気」用の2種類が付属します。
 こちらは「闇の獣」の方ですね。











 こちらが正気版です。



 黒い剣士ver.の顔と腕を差し替えるとなんちゃって通常時が再現できます。





■アップ
 闇の獣









 正気







 正気版は中の顔も確認できます。



 黒い剣士ver.の頭部を合わせるとこんな感じです。
 一部白髪になっている部分を塗れば、もっと原作の印象に
 近くなるとは思います。
 因みに自分は黒い剣士の頭部に多少加筆して、つや消しを吹いています。





■光体シールケ
 背景が白っぽくてシールケも白っぽいので良く見えませんが、、、
 因みにシールケはガッツのマントに差し込む感じで付ける事が出来ます。
 首だけ軸回転できます。





■黒い剣士ver.と比較
 サイズは同一人物だけあってほぼ同寸ですね。
 ドラゴン殺しが同じ造形の様で実は新規造形になっています。
 

 そして一番の差、と言うか目を引くのはやはりマントですね。
 黒い剣士ver.の時は不織布で作られていたんですが、
 今回は硬い素材(プラ製?)に変更されています。
 可動を重視する為には不織布の方が有効だと思うんですが、
 今回のマントの質感があまりに良すぎて、どうしても黒い剣士ver.の
 マントがしょぼく見えてしまいます。



■以下適当に























以上、「figma ガッツ 狂戦士の甲冑ver.」の紹介でした。


とりあえずカッコいいですねッ!

今回、初めてfigmaを手に取ったのですが、似たスケールの超像可動とは

また一味違った良さがあります。

差し替えハンドが無くならない様にストック用のパーツが付いていたり、

付属品を一まとめに出来る袋が付いていたりと、

ユーザーに対してとても親切な印象も受けました。


造形自体はとてもカッチリとしていると言うか、隙の無い様に思います。

狂戦士の甲冑は原作だと鎧と生物の中間の様な雰囲気がありますが、

figmaでは甲冑としてのデザインを突き詰めている感じで、

生物的な印象は比較的抑えている様に感じます。


可動域は筋肉質の男性が甲冑を着込んでいるデザインのせいか、

ちょっと不便に感じる所もありますが、写真で撮った位の可動域は

あるので、見た目に反してよく動くと思います。


因みに甲冑自体は柔らかい素材で、可動の妨げにならないようになってますが、

兜の耳のような部分がプラ製で落としたら折れてしまいそうでちょっと怖いです。


塗装は非常に丁寧で、甲冑は若干青味がかった色ですが、

狂戦士の甲冑らしい冷たく攻撃的な雰囲気がとても良く出ていると思います。


因みに原型制作はマックスファクトリーの浅井真紀さんだそうです。

原型をされる方の中では超有名人ですね♪

ThreeAコレクターでもあり、漫画家島本和彦さんのマンガ「ガレキの翔」に

登場するキャラクター浅井パテモリのモデル(スゴイッ!)でもあります。

ワンダーフェスティバルでお見かけした事はあるのですが、

作品を購入した事が無かったので、話し掛けられずにいました。

次回ワンフェスに赴いた際はコレを持って話し掛けに行けたらな良いな~、

と思っています。

スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

15

edit
Rovin [No.811 - 18:35 2013]
ベルセルクって長いですよね~
僕は数巻しか読んだ事が無いです(汗
そして、印象に残っているのが聖書でブったたくキャラです
しかし、カッコイいですね!おっしゃるように、マントの造形良過ぎです♪
コミックにフィギュア付きなのは銃夢のガリィを持ってますが、何か良いですよね♪

04

15

edit
basyabasya [No.812 - 18:48 2013]
Rovinさん


こんにちは♪


ガリィちゃん持ってるんですかッ!!!
自分銃夢めちゃくちゃ好きだったんですよね~。
ラストオーダーになってから読んでなかったんですが、
いつかまとめて読もうと思ってそのままです。
自分は持ってないんですが、確かそのガリィも浅井さんの造形ですよね。


ベルセルクは自分は30巻手前辺りで雑誌派になってたんで、
今回を機にまとめ読み返しました。


確か聖書でぶっ叩くのはモズグスですね(もずく酢みたいな名前の)。
あの人はインパクトあり過ぎです(笑
でも改めて読み返すと、連載スピードは遅いんですが、
書き込みも細かくて力の入った作品ですよ。
もう少しペースをあげてくれたら本当に有難いんですが、、、。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。