馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08

25

12:23
Wed
2010

No.031

ジョジョの奇妙な冒険 キャラヒーローズ 第3部スターダストクルセイダース~前編~

今日は

「ジョジョの奇妙な冒険 キャラヒーローズ 第3部スターダストクルセイダース~前編~」

になります。


先日ご紹介した「ジョジョの奇妙な冒険 ミニフィギュアコレクションEX Vol.1」

の第二弾になります。


タイトルにある通り、今回は第三部が題材となっておりますが、

登場キャラクターが膨大な第三部は「前編」「中編」「後編」に分かれての

リリースとなります。


今回は先着予約特典を無事確保できたのですが、

シークレットは手に入れることは出来ませんでした。

確かシークレットは「DIOの棺桶」になります。

いつか手に入れることが出来たらとは思っていますが、難しいかな。


それでは早速


■先着予約特典 肉の芽 前
 埋め込まれると「DIO」に対する強烈な憧れがうまれ、
 命令に対し抗うことは出来なくなる。
 かなりリアルで気持ちが悪いです。
 サイズ的には実寸大位でしょうか?
0肉の芽 (1)


■先着予約特典 肉の芽 上から
 まるでエイリアンの卵みたいです。
 知らない人が見たら気分を悪くしそうな造形です。
0肉の芽 (2)-1


■空条 承太郎 前
 特に説明の必要も無いとは思いますが、
 ジョースター一族三人目の主人公。
 冷静な判断力と強靭な精神力、更には優れた身体能力
 そして結構根に持つタイプで、絶対に怒らせてはいけない完璧超人です。
 口癖は「やれやれだぜ」「オラオラオラオラオラ・・・」
01承太郎 (0)-1
 

■空条 承太郎 後
01承太郎 (1)-2


■承太郎&スタープラチナ 連結
 第二部ではジョセフとシーザーが連結可能で非常に豪華な感じでしたが、
 三部の連結はちょっと窮屈な感じです。
02-.jpg


■スタープラチナ 前
 「星の白金」
 破壊力=A スピード=A 射程距離=C
 持続力=A 精密動作性=A 成長性=A
 圧倒的な攻撃力・スピード・精密製を持つスタンド
 スタンド特有の特殊能力は作中の最終戦まで発現しませんでしたが、
 その圧倒的な破壊力は読者としてとても痛快でした。
02スタプラ (0)-1


■スタープラチナ 後
 02スタプラ (1)-1


■花京院 典明 前
 初登場時は敵スタンド使いでした。
 エジプト旅行時にその才能を「DIO」に見抜かれ
 「肉の芽」を埋められることにより操り人形となる。
 その初登場時の顔は仲間になってからの顔とはまるで別人で
 突っ込みを入れた人は数知れません。
 基本的に頭脳派で、その最期は「DIO」の能力を見抜き
 「DIO」打倒の礎となりました。
03花京院 (0)-1


■花京院 典明 後
03花京院 (3)-1


■花京院&ハイエロファントグリーン 連結
04-1.jpg


■ハイエロファント・グリーン 前
 「法王の緑」
 破壊力=C スピード=B 射程距離=A
 持続力=B 精密動作性=C 成長性=D
 主な攻撃方法は「エメラルド・スプラッシュ」と言い
 手のひらより放出した緑の液体をエメラルドのような塊にかえ
 打ち出す遠距離攻撃。
 近接攻撃的な格闘は行わず、直接攻撃を行う際は自らの体をひも状に
 変化させ体内へ入り込み内側より操ったり破壊を行ったりする。
04ハイエロ (0)-1

 
■ハイエロファント・グリーン 後
 04ハイエロ (1)-1


■空条 ホリィ
 第二部の「ジョセフ・ジョースター」と「スージーQ」の娘で、
 主人公「空条 承太郎」の母親。
 作中では「DIO」覚醒の悪影響を受け、自らのスタンドに
 より命の危険な状態となる。
 「DIO」打倒の旅へ出るきっかけとなる。
 承太郎の父親であり夫の「空条 貞夫」は作中で描かれる
 ことはありませんでしたが、ミュージシャンをしている。
 ジョースター家の血を引いている訳ではないので、
 特別「DIO」による影響は受けなかったものと思わます。
01ホリー (0)-1


■空条 ホリィ 後
01ホリー (1)-1


■グレーフライ&タワー・オブ・グレー 前
 「灰の塔」
 破壊力=E スピード=A 射程距離=A
 持続力=C 精密動作性=E 成長性=E
 クワガタ型のスタンドで、「スタープラチナ」 の攻撃すらかわすほどの
 スピードを持つ。
 本体は乗客に成りすました老人。
 元々事故に見せ掛け大量殺戮をするような人物の為、
 「DIO」から「肉の芽」は植えられておらず
 自らの欲望のため一行を襲った。
05タワー (0)-1


■グレーフライ&タワー・オブ・グレー 後
05タワー (1)-1
 

■タワー・オブ・グレー
05タワー (2)-1


■偽テニール船長 前
 本名不明、テニール船長に成りすまし一行を襲おうとするも
 承太郎の機転により正体がばれる。
 肺活量は常人の3倍で、水中で6分以上活動可能。
06テニール (0)-1


■偽テニール船長 後
06テニール (1)-1


■偽テニール船長&ダーク・ブルー・ムーン
07-1.jpg


■ダーク・ブルー・ムーン 前
 「暗青の海」 
 破壊力=C スピード=C 射程距離=C
 持続力=B 精密動作性=C 成長性=D
 半漁人のような見た目のスタンド。
 水中で本領を発揮し、対象へふじつぼを付着させ力を奪ったり、
 水かきはスクリューの回転よりもシャープに動く水中カッター。
 更には水中に渦潮を発生させると同時にカッター状の鱗で攻撃を
 行ったりする。
07ダークブルームーン (0)-1


■ダーク・ブルー・ムーン 後
07ダークブルームーン (1)-1


■フォーエバー&ストレングス 前
 「力」
 破壊力=E スピード=A 射程距離=A
 持続力=C 精密動作性=E 成長性=E
 本体はオラウータン、非常に知能が高い。
 人間女性のグラビア雑誌?を見たり家出少女のシャワー中を覗いたりと
 独特の恐怖感を感じるキャラクターでした。
 スタンドはぼろ船を巨大な貨物船に変化させ意のままに操る。
 元が船でない場合はどうなのか当時疑問でした。
08ストレングス (0)-1


■フォーエバー&ストレングス 後
08ストレングス (1)-1


■フォーエバー&ストレングス 斜めから
08ストレングス (2)-1


■呪いのデーボ 前
 アヴドゥル曰く有名な殺し屋。
 スタンド発動のきっかけが対象による本体への攻撃の為、
 体中に無数の傷跡がある。
 登場時ポルナレフの部屋の冷蔵庫に隠れていたが、
 あの小さい冷蔵庫によく入れたな。
09デーボ (0)-1


■呪いのデーボ 後
09デーボ (1)-1


■呪いのデーボ&エボニーデビル&呪いの人形?
10-1.jpg


■エボニーデビル&呪いの人形? 前
 「悪魔」
 破壊力=D スピード=D 射程距離=A
 持続力=B 精密動作性=D 成長性=B
 スタンドはナイフを持った人型で、原作では一瞬だけ登場する。
 実際に攻撃を行うのは恨みエネルギーを持ったスタンドが
 乗り移った人形。
 遠隔自動操縦型のように見えるが、人形へのダメージが本体へも
 通じているので、特殊な遠隔自動操縦型スタンドと思われる。
 ※本来遠隔自動操縦型のスタンドは本体へダメージがいかない設定。11エボニー (2)-1


■エボニーデビル&呪いの人形? 後
11エボニー (1)-1


■ラバーソール&イエローテンパランス 前
 「黄の制約」
 破壊力=D スピード=C 射程距離=A
 持続力=A 精密動作性=E 成長性=D
 登場時はスタンドの「イエローテンパランス」を身に纏い「花京院」
 になりすます。
 自らのスタンドを「弱点はないッ!!」と明言しており
 本人も「これがおれの本体のハンサム顔だ」と言うようにかなりの自信家。
 実際に本体がスタンドを完全に纏っていれば、ほとんど無敵。
12テンパランス (0)-1


■ラバーソール&イエローテンパランス 後
12テンパランス (1)-1


■ラバーソール&イエローテンパランス 斜めから
12テンパランス (2)-1


■J・ガイル 前
 両手が右手の男。
 ポルナレフにとっては妹の仇となる存在。
 エンヤ婆の息子で、ホルホースとコンビを組み行動。
 アヴドゥルへは瀕死の重傷を負わせる。
 分かりやすい下衆野郎である。
13Jガイル (0)-1


■J・ガイル 後
13Jガイル (1)-1


■J・ガイル&ハングドマン
14-1.jpg


■ハングドマン 前
 「吊られた男」
 破壊力=C スピード=A 射程距離=A
 持続力=B 精密動作性=D 成長性=D
 花京院曰く「光のスタンド」
 鏡や金属、人の目など物質を映すものに潜み、
 攻撃対象が鏡面に映っている状態時に、映っている像に対し
 攻撃を行うことが可能。
 鏡面から鏡面へは光の速さで移動を行うが、実際の光のように
 直線的にしか移動は出来ず、この移動時のみ外部からの攻撃が可能。
 光の速度で動くハングドマンや時間を吹っ飛ばすキングクリムゾンに
 対応できるポルナレフって実はとんでもないスタンド使いですよね。
14ハングドマン-1


■ハングドマン 後
14ハングドマン (3)-1


■ザ・サン 前
 「太陽」
 破壊力=B スピード=E 射程距離=A
 持続力=A 精密動作性=E 成長性=E
 スタンドは太陽そのもの、周囲の温度を急激に上げ
 近づくものはレーザーで攻撃する。
 その能力は本体にも影響するらしく、本体である
 アラビア・ファッツはエアコン付きの車に隠れてスタンド攻撃を行う。
 今回そのアラビアファッツは残念ながら未登場。
15サン (0)-1


■ザ・サン 後
15サン (1)-1



以上

「ジョジョの奇妙な冒険 キャラヒーローズ 第3部スターダストクルセイダース~前編~」

の紹介になります。


前回の第二部に引き続きとてもストーリー性を持った

フィギュアになります。

若干第二部の造りの方が細かく豪華だったような気がしますが、

けして適当な造りはしておらず、非常に好感の持てる造りをしております。


このシリーズはまず立体化はありえないだろうと思っていた
 
キャラクターが立体化されるので、是非全ジョジョシリーズを

出すまで続けて欲しいです。


話は変わりますが、メディコムトイさんの公式サイトで

ストーンフリーの画像が公開されておりました。

通常の立ち姿と上半身のみの状態を再現できるそうです。

顔もロボットっぽい初期顔と、「オラオラ」するときの

口が開いた状態の顔が二種類付きそうな感じです。

興味のある方は是非ご覧になってみてください。
スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。