馬車馬日記 - バシャバシャのうわさ

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

23

18:06
Tue
2013

No.0311

3A TKYO+Yellow Hornets+Interyo 1/6th twelve figure set

今日はThreeAさんから届いた

「TKYO+Yellow Hornets+Interyo 1/6th twelve figure set」

の紹介になります。


このset、tomorrow kingが合計12体入りのsetになります。

毎度馬鹿げた売り方をしてくれるメーカーですね♪


しかしコレを販売していた頃は、まだまだ円高無双状態で、

実質1体当たりの単価は5000円台という、1/6サイズのフィギュアにしては

破格の安値でした。


因みにTKYOとYellow Hornetsは、1/12サイズで既に販売済みです。

TKYOに関しては元はUnleashed(アンリーシュド)と言う名称で、

イベント限定販売でした。

1/12サイズの時は、頭部が全て初期TKヘッドでしたが、1/6になって

4種類のヘッドに変更されています。


■箱
 流石にでかいですね。
 三段重ねの重箱状態でした。
 DIYSの様にそれぞれ冊子が付属しますが、
 アシュレイウッド氏の絵は使われていない?ので、
 ちょっと面白味にかけますね。





 TKYO







 Yellow Hornets







 Interyo







■各種全身
 TKYO





 Yellow Hornets
 折角なので1/12サイズと一緒に
 思った以上に色合いとか違いました。





 Interyo
 こちらDIYSの様に髪の毛の色分けは無くて
 灰色に統一されています。
 灰色頭部好きにはたまらないですね♪





■各種アップ
 TKYO
 初期ヘッドは髭の形状が「王冠」のような感じですね。
 どうせならYAMAのような思い切ったヒゲが一人くらい
 いて欲しかったですね~。


 因みにTKYOとYHは、インナーに1~4の数字が書かれたタンクトップを
 着ています。









 Yellow Hornets
 頭髪はTKYOと同じ色合いです。









 Interyo
 インターYOはインターローパー系だけあって
 顔色の悪さが際立っていますね。
 タンクトップの柄は配線がグニャグニャ柄がプリントしてあります。
 それと、左腕に乾電池のような柄がプリント(タトゥー?)されています。













■4色並んで
 16体並べるのはきついんで各1体ずつです。
 青系とか緑系が居れば戦隊物みたいになりそう。
 ロリTQのジャージ版とか七骨のジャージ版が居ればな~。



■以下適当に
































■自作のソードベルト
 DIYSの時に気になったのが、刀とマイクの所持の仕方でした。
 ウエストバッグでも付いていればいいのですが、
 何も付いていないので、ベルトを自作しました。


 ベルトは1cm幅のグログランテープ(25cm位)で、プラバックルと
 調整用のアジャスターを付けています。
 刀の固定はは1.5幅の平ゴムを輪にして行っています。


 もっとしっかり測ればよかったのですが、肩掛けにすると
 少し短かったので、ちょい後悔中です。
 テープをギリギリでケチらなければよかった、、、












以上、「TKYO+Yellow Hornets+Interyo 1/6th twelve figure set」

の紹介でした。


tomorrow kingに充実し過ぎてしまうセットでした。

汚しの無い綺麗なタイプである事や、カラフルな頭髪は良いですね。

むしろもっとカラフルにして欲しかったくらいです。

汚しが無い分可動ポイントは全体的にスムーズなんですが、

逆にちょっとユルイかも知れません。



一点どうしても気に入らない点がありました。

それがインナーであるタンクトップです。

ちょっとコレぴたぴた過ぎる上に丈も短すぎます!

インターYOは光沢のあるプリントで柄もカワイイのに

サイズが微妙だと元も子もないんですよね~。

(今は代わりになりそうなインナーを絶賛探し中です。)


あと問題があるとしたら、コレを置くスペースが無いと言う点

位でしょうか(笑、、、、ま、笑えないんですけどネ)




因みに、自作のソードベルトは素材さえ揃って、少しでもミシンを

扱ったことがあれば簡単に出来るので、自分としてはオススメです。

素材をお店で見つけるのはちょっと難しいので、ネット通販であれば

直ぐに見つかると思います。


---------------------2013/4/25追記です。-------------------------

自作ソードベルト作成手順について詳細をのせます。


■必要な素材
 以前記載した素材と一部差し替えがあります。
 それは「グログランテープ」で、自分がストックしている物が
 尽きてしまったので、今回は「PPテープ」と言う
 厚手のテープにしてみました。


 どちらでもいいのですがそれぞれの利点、難点は以下のようになります。
 【グログランテープ】
 利点
 ・純正のベルトに風合いが似ている。
 ・薄いので柔軟性がある。
 難点
 ・端を三つ折りステッチする必要がある。
 ・柔らかい分、ミシンだと少し縫い辛い。
 【PPテープ】
 利点
 ・端を炙ってほつれない様に出来るので、
  二つ折りステッチで縫える分、処理が簡単。
 難点
 ・厚手なので純正のベルトと比べるとごつく感じる。


 コレは好みの問題なので、どちらか好きなほうでいいと思います。
 今回はPPテープでの説明ですが、グログランテープの場合は
 炙る工程を飛ばして、縫う部分を三つ折りにすれば問題ありません。

 PPテープ 10mm幅を28cm

 平ゴム 15mm幅を4cm ※コレは極力薄いものを推奨します。



■手順
 1.PPテープの両端を火で炙る。
  こうすると端が溶けて、ほつれなくなります。


 2.PPテープをアジャスターに通します。


 3.①の部分を縫う。※縫った後は糸始末もしましょう。


 4.4cmの平ゴムを中表で半分に折った後、端から7mm位の位置(②)を縫い。
  ひっくり返します。






 5.PPテープに、返した平ゴム、アジャスターの順で通す。




 6.PPテープの端をバックルのもう一方へ通し、その先をアジャスターに通す。




 7.アジャスターに通したPPテープの先を1cm位で折りって縫う(③)。



 以上で手順は終了です。


 マイクはPPテープを折り返している部分に差し込むと固定できます。
 刀は平ゴムに通す事が出来ます。
 一応刀1本でも保持できる位の仕上がりにはなると思います。





 気になった方は試しに作ってみてください♪ 

スポンサーサイト

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
04

24

edit
Rovin [No.818 - 00:24 2013]
おお!!凄い1/6サイズの量ですね!
しかしこの方達が1体5000円とは破格すぎますよ~
どのタイプも良いですね!
僕はインターYOの色味が何か好みです!全体がグレーって良いな~
それにしても自作ホルダー作っちゃうなんて凄いですね~
04

24

edit
191 [No.819 - 08:17 2013]
どうもはじめまして。
いつもレビュー楽しく拝見させて頂いてます。
専用ベルトが非常にかっこいいのですが!
もし宜しければ細かい制作方法を教えて
頂けるとありがたいです!
04

24

edit
basyabasya [No.820 - 08:27 2013]
Rovinさん


おはようございます!


同じ様なのが16体ですよ。
売る方はイカれてますが、買う方も馬鹿ですよね(笑


値段はセット価格が安いんですよ。
これがthreeaの怖い所なんです(-_-;)
高いけど安い、そしてセットにしか付かないオマケがあったり
セットでしか買えない奴があったりする。
いやぁ~本当に購買者の心理を上手くついてくるメーカーです。


色は自分もインターyoが好きですね。
他の色も良いんですが、灰色の素体が珍しいし
ウェザリング無しなのもよく似合ってます。


自作ホルダーは単純な作りなんで、恐縮です。
ただ、16体分となると結構手間掛かりますね。
04

24

edit
basyabasya [No.821 - 08:52 2013]
191さん


はじめまして!
ご覧頂きありがとうございます!


このベルトですが、まず必要な物が、
1、グログランテープ10mm幅を25cm
※自分はこの長さでしたが、少し短く感じたので、もう少し長い方がいいかも。
2、プラスチックバックル10mm幅を一つ
3、アジャスター10mm幅を一つ
4、平ゴム15mm幅を4cm

以上になります。


自分はミシンで縫いましたが、
無い場合は手縫いでもいいと思います。


縫いの手順は
1、グログランテープの片端を5mm程で三つ折りして縫う。
2、プラスチックバックルにグログランテープを通す。
3、通したグログランテープの三つ折りしていない方の端が
バックルとつながるので、端から5mm,更に1cmと二回折ってから
そこにバックルが固定出来る様に縫う。
4、平ゴムを中表で端から7mm位を縫ってひっくり返す。
5、今縫った平ゴムを、グログランテープに通す。
6、グログランテープの最初に三つ折りした方からアジャスターを通す。
7、グログランテープの最初に三つ折りした方をバックルの反対側へ
通して、再度アジャスターに通す。

以上です。
絵がないと分かりにくいと思いますが、
自分もあと何個か作る予定なんで、
近い内にブログの方に絵を撮って追記します。

長文で申し訳ありませんが、
今後も宜しくお願いします♪
04

28

edit
tossan [No.822 - 06:40 2013]
いつもthreeA製品のレビューと写真を
楽しく拝見させて頂いてます。

新しいレビューを早く見たいが為に
Twitterのフォローもしています(笑

今回のソードベルトの写真付き解説は
大変参考になりました。

ちょうどGWの課題としてTKYOのリペイントと汚しに挑戦中ですので、利用させて頂きます。

我が家も16体のTKYO+2体のカスタム要員の
置き場が今後の課題です、、

これからも楽しいレビューを続けて下さい。
04

28

edit
basyabasya [No.823 - 09:54 2013]
tossanさん


はじめまして、コメントありがとうございます!
ツイッターもフォローありがとうございます、あまり有効に
使えてないんですが(笑


ソードベルトの解説、参考になったようで良かったです♪
1/6サイズに合うような特殊なサイズの素材が手に入らないので、
どうしても少し大きめになってしまうんですが、
まとまりは良くなると思います♪


リペイント挑戦ですか!!
良いですね~、自分も最初はカスタムしようかと
思っていたんですが、16体揃うと勿体無くて手を出せません。
カスタムするとしたら結局買い足さないと、、、(汗

それでは、これからも宜しくお願いします(°∀°)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。